Pocket

SEVENTEENのバーノン

リトルディカプリオと呼ばれるイケメンバーノン。

バーノンという芸名は、ハンソル・バーノン・チェというお母さんの名字でもある、本名のミドルネームからきています。

韓国人のお父さんとアメリカ人のお母さんのもとに生まれ、5歳の時にニューヨークから韓国に移り住みました。

そのため、お母さんと話すときは英語ですが、普段話すときは英語より韓国語の方が楽に話せるようです。

一番大切なものは妹!と答えるぐらいのシスコンお兄ちゃんでもあります。

それでは、バーノンについて詳しくご紹介していきます。

スポンサーリンク



バーノンの性格

バーノンが指でハートを作っている

バーノンはSEVENTEENのファッションリーダーと呼ばれ、プライベートでも空港ファッションでもいつもオシャレです。

そんなバーノンは自分からぐいぐい話す方ではありませんが、笑いのツボはとても浅いようです。

爆笑しているバーノンの姿をよく見かけます。

集中しすぎて周りの話が聞こえていなかったり、話し出す内容が変なときがあったりするため、バーノンが話すときはメンバーが心配してたりするそう。

意外にもバーノンは不思議ちゃんみたいですね。

ちなみに口癖は、「Oh My God!!」

集中力・プロ意識も高く、たとえカメラに映っていなくても完璧なパフォーマンスを見せてくれます。

ラップだけでなくダンスもすごく上手いと評判です!

デビュー前のバーノン

バンダナを巻いたバーノン

バーノンは「SHOW ME THE MONEY 4」という、アマチュア、素人を問わない、実力だけでラッパーの頂点を決める、ラッパーの登竜門と呼ばれるサバイバル番組に出演しました。

SEVENTEENというグループ名を世の中に知ってもらうためと楽しそうという理由で参戦しましたが、残念ながら3次で落ちてしまいました。

自分が欲張ってしまったせいで、デビュー前に良くない形でグループ名が知れ渡ってしまったと、バーノンはすごく苦しみメンバーに対して申し訳ない気持ちでいっぱいだったようです。

しかしメンバーは、「上手くやっても失敗してもとにかく嬉しかった」、「大丈夫!」、「逆にバーノンだけ顔が知られていて羨ましかった!」などあたたかくバーノンの気持ちを受け止めました。

バーノンとラップ

バーノンが歌っている

今でこそ、バーノンと言えばかっこいいラップ!ですが、実は練習生になった時は歌をしていたようです。

途中からラップに変更したため、オーディションでは歌を披露していました。

耳通りの良い声で、英語も混ぜながらかっこよくラップができるバーノン。

歌もステキですが、ラップでバーノンの才能が開花されたのではないかと思います。

デビュー前からバーノンのラップは注目を集めていて、セブチのデビュープロジェクトでも審査員からよくお褒めの言葉を受けていました。

本当に楽しそうに表情豊かにラップするバーノンは、セブチにとって欠かせないリードラッパーです!

スポンサーリンク



バーノンとスングァン

バーノンとスングァン

バーノンとスングァンは同じ1998年生まれです。

そのこともあってか二人は練習生時代から仲が良く、二人でよくじゃれあい笑い合っています。

好きなメンバーの名前にすぐに自分を挙げてくれなかったとスングァンが拗ねたりするなど、スングァンの方がバーノンを好きなような気もしますが・・・。

イベントなどの写真を見てみると、バーノンがよくスングァンを見つめていたりします。

スングァンは、バーノンのラップスタイルを真似るのがとても上手です。

それを見ているバーノンもすごく楽しそうです。

年下メンバー同士かわいらしい相思相愛カップルですね。

スングァンについては、SEVENTEENのスングァンについて詳しく紹介のページを参考にしてみてください。

バーノンの出演歴

「恋愛固守 小学生」
「JTBC Made in U」
「Kids Explore Life」
「SHOW ME THE MONEY 4」
「ハロー!異邦人」

スポンサーリンク



Pocket