Pocket

SEVENTEENのディエイト

SEVENTEENで一番最後に合流した中国人メンバーのディエイト。

練習生期間は1年5ヶ月でした。

韓国語は今なお勉強中で、分からなさそうなフレーズなどあればさりげなくメンバーがフォローしています。

ジュンを始め、ホシやジョンハンなどが特に気にかけてくれている気がします。

言いにくい韓国語を無茶ぶりで言わされたりしていますが、一生懸命言おうとチャレンジしてくれている姿がかわいいです。

韓国語が達者でないため控えめな身振りが多いですが、中国語では感性豊かな表現をしているそうなのでこれからのディエイトの語力に注目ですね。

それでは、ディエイトについてご紹介します。

スポンサーリンク



ディエイトの性格

ディエイトの横顔

小さいころからスーパースターになりたかったディエイトは5歳から武術を教わるなど、中国で色々なことを習ったそうです。

おっとりとしたイメージのディエイトですが、芯はしっかりとして負けん気の強いところがあるようです。

同い年のミンギュとは、気兼ねなく意見をぶつけ合っています。

ディエイト(THE 8)の8の数字は横にすると、無限(∞)になります。末広がりや縁起の良い8とゆう数字は、中国人が好きだそう。

これは、無限大の努力や無限大の愛などの意味が込められているのではないでしょうか。

本人も「SUPER JUNIOR-Mのヘンリーがロールモデルで中国と韓国で愛される人になりたい」と語っています。

たくさんの努力をし愛を届け、たくさんの愛を受けたいと願っているのだと感じます。

ディエイトのブレイクダンス

ダンスを踊るディエイト

ディエイトは、かわいらしい見た目と裏腹にダンスがすごくダイナミックです。

中国でブレイクダンスを6年間していて、大会での受賞経験もあります。

もちろん、5歳から習っている武術でも一等賞の経験ありです。

そのため、ディエイトのダンスはパワフルでありながらもしなやかさがありとてもきれいです。

体も細いためかくるっと簡単に飛んで見せます。

ヌンチャクなどを使った武術も鮮やかでつい見入ってしまいます。

パフォーマンスチームで一番身軽でアクロバティックな技をしてくれるメンバーではないでしょうか。

スポンサーリンク



スリムなディエイト

細いディエイト

ディエイトを見るといつも服にゆとりがあります。

手足が細くて長いので、あまり食べないのかなと思っていたのですが、意外にもご飯をよく食べるようで、たくさんというよりは必ず食べなければならないという感じみたいです。

きちんと朝ご飯も食べないと力が出ないので、家を出る一時間前に必ず起きてご飯を食べるそうです。

忙しすぎる時は無理かもしれませんが。

料理はしないと言っていますが、火おこしなど料理以外は協力的なようです。

しっかりご飯を食べるディエイトですが、一向に太らないのでウォヌと共に太るための努力をしているようです。

食べることへの幸福感を超えてとにかく食べ続ける、これがとても辛いみたいです。

かわいいディエイト

可愛い顔のディエイト

天然でかわいいと人気のディエイト。

ゲームの「スタート」という掛け声を間違えて口笛で吹いてしまったり、ポーズを取るタイミングを見逃したり、少しぽわぽわしている印象です。

一つ一つの仕草や動きもかわらしいです。
韓国語も勉強中なので、たどたどしい話し方がさらにかわいさを強調しています。

きっとのんびりした性格も口調に表れているとは思いますが。

「万歳(マンセ)」の活動中、ディエイトの髪形は”薄切りサムギョプサルヘア”と呼ばれていました。

そんな髪形もアイスクリームみたいな髪色もよく似合っていたのはかわいいディエイトならではだなと思います。

ディエイトとジュン

ディエイトとジュン

中国人メンバーのディエイトとジュンはチャイナラインと呼ばれています。

ディエイトはジュンをお兄さんとして心から慕っているようです。

ジュンも後から合流したディエイトのことをよく気にかけかわいがっています。

お休みの時、韓国メンバーが家に帰る時は二人で遊んだりするなど本当に仲がいいチャイナライン。

二人でいる時は中国語で話すのかと思いきや、二人きりの時でも韓国語で話そうと決めていて実行しているようです。

今では韓国語でお互いのことをからかえるみたいで、ホシはそれを見て驚いたそうです。

ジュンについては、SEVENTEENのジュンについて詳しく紹介のページを参考にしてみてください。

スポンサーリンク



Pocket