Pocket

SEVENTEENのスングァン

いつも元気で常にしゃべっているイメージのメインボーカル、スングァン。

SEVENTEENメンバーからも、グループのムードメーカーと言われているようです。

寝相が悪いともありましたが・・。

メンバーの雰囲気が落ち込んでいると、みんなのところに行って、誰かのモノマネをしたり、面白いことをしたりして笑わせるそうです。

それでは、空気が読めるセブチの愛されキャラのスングァンについて詳しく紹介していきます。

スポンサーリンク



スングァンの性格

スングァンが愛嬌をしている

スングァンは、テレビやラジオでも自ら積極的に話をし、メンバーに話題を振ったりします。

スングァン曰く、「自分はエネルギーに溢れていて、他人にエネルギーを与えたいという感じ」だそう。

全て上手くこなしたいと思っていることから、向上心の強さも感じられます。

コンディションが良くない時は、お腹が空いている時だけだそうです。

感受性も豊かで、両親、特に母親のことになると心配ですぐに涙ぐんでしまいます。

デビュー前にディノのお父さんと会った時は、ディノ本人より号泣してしまったそう・・。

周りの気持ちの変化にも敏感で、メンバーの些細な変化にも気づき声をかけます。

また、ケンカした時も自分から謝るという素直さも持っています。

明るいだけじゃない、繊細なところもスングァンの良いところです。

スングァンと済州島

怒っているスングァン

スングァンは、朝鮮半島の西南に位置する済州島の出身者で、済州島をすごく愛しています。

済州島ではスイカに味噌をつけて食べるそうなんですが、これをメンバーがからかうととても怒ります。

「済州島をバカにするな!平和な島だぞ!」と済州島のPRが突如始まります。

ほかのメンバーと違い、すぐに帰れる距離ではないので、恋しい気持ちも人一倍かもしれません。

ある番組でメンバー全員で済州島へ遊びに行った際は、本当に嬉しそうにしていて、久しぶりに母親と再会した時には目を少しうるませていました。

こんなにも感性豊かでのびやかなスングァンが育ったのは、きっと済州島の雄大な自然とステキな環境の影響も大きいことでしょう。

スポンサーリンク



バラエティ担当スングァン

スングァンが書いている

愛されるべきいじりキャラでありながらも、バラエティ担当としてメンバーをきちんといじるスングァン。

番組では大体MCをスングァンが担当しています。

その腕前はとても新人とは思えません。テンポよく見事に場を回します。

年上メンバーにも、持ち前のキレの良さでどんどん話を振りツッコみます。

逆にあまりに喋ってくれないと怒ります。

別のバラエティ番組では、見事な替え歌を披露し観客や関係者からも一目おかれていました。

きっとこれから持ち前のバラエティ能力を活かして、多方面で活躍していくことでしょう。

スングァンの夢

コーヒーを飲んでいるスングァン

スングァンは、小学校1年生の時から校内の童謡大会に出場し、たくさんの歌を歌っていました。

済州島に住んでいたため、歌手になることは考えることもできないくらい遠い夢の世界だったそうです。

しかしある時、スングァンが歌謡大会で歌っているところを学校の美術の先生が撮ってくれました。

みんなの反応が見たくてインターネットで公開した結果、スカウトの話が来たそうです。

初めメールで、スカウトの提案が来た時は詐欺だと思ったみたいですが。

JYPからもオファーが来ていたそうですが、プレディスの練習生になることを選び、両親の許諾もなくソウルにやってきました。

そして、喉を傷めず歌う方法を先生と相談しながら歌のレッスンに励み、セブチのメインボーカルとなりました。

将来、ソロ活動やミュージカルにも挑戦してみたいと言っているスングァン。

その日が来るのがとても待ち遠しいです!

スングァンとドギョム

スングァンとドギョム

セブチのメインボーカル二大巨塔、スングァンとドギョム。

優しく感性豊かな歌声を持つスングァンと、パワフルと力強さな歌声を持つドギョムの二人の歌声が合わさると、とてもきれいにしっくりとハマります。

二人は仲間でありライバルでもあるため、お互いに高め合っていけるステキな関係だなと思います。

歌を歌う時はまじめな二人ですが、それ以外の時は自由奔放な元気コンビになります。

アドリブのダンスも即興コントも阿吽の呼吸で、いつも周りを笑顔にしています。

スングァンは言葉で、ドギョムは行動や体で笑わせるタイプだそうで、歌でも私生活でも息ぴったりの二人みたいです。

ドギョムについては、SEVENTEENのドギョムについて詳しく紹介のページを参考にしてみてください。

スポンサーリンク



Pocket