Pocket

SEVENTEENのウジ

マンネに見える、可愛い天才プロデューサーウジ。

初めて見たときは、本当に可愛らしい少年とゆうイメージを持つ方が多いと思います。

ウジのことを知っていくうちに、SEVENTEENを引っ張っていく重要な存在なのだなと感じることでしょう。

それでは、SEVENTEENのウジについて詳しく紹介したいと思います。

スポンサーリンク



ウジの性格

SEVENTEENのウジが笑顔

SEVENTEENのほとんどの楽曲の作詞作曲を担当しているウジ。

自分自信のことは、とても落ち着いていて、慎重で真面目すぎる性格だと認識しているようです。

そして、メンバーからも、グループの中で一番熱心に仕事をするメンバーとして、ホシと共に名前が挙げられています。

時々ひどく真剣になりすぎる時があるそうで、ニックネームに”豆腐・マカロン”だけでなく、ドキュメンタリーというものもあるみたいです。

性格は真面目でクールですが、たまに見せる笑顔や苦手な愛嬌がとてもかわいいため、ウジはツンデレメンバーとも言われています。

プロデュース力やボーカールチームリーダーということに目が行きやすいですが、実はすっごくダンスも上手いです。

ウジは体も柔らかいので、そのことを生かしたダンスやピタッと止めるようなメリハリのあるダンスもかっこよく踊ります。

そして、歌だけでなくラップも上手だそうです。

ウジに愛嬌以外で不得意なものはないのでしょうか?

カリスマプロデューサーウジ

本を読んでいるウジ

ウジは幼いころからクラシック音楽をしていて、クラリネットを中学まで演奏していたそうです。

また、ギターとピアノもできますので、さすがプロデューサーウジ、楽器の演奏に関してもすごく多才です。

レコーディングをする時は、毒舌鬼プロデューサーに早変わりします。

この時のウジの目つきは真剣で、より良い曲にしたいという気持ち・気迫に溢れています。

キーの音程やトーンのリズム、声質まで細かくチェックし、メンバーに指摘・指導を行います。

メンバーもこの時ばかりはウジのことを怖がっているようですが、「不満はないか?」と聞かれた際に冗談で返しているので、理解あっての仲なようです。

そのため、逆にたくさん褒められるとメンバーはびっくりしておどおどしちゃうみたいです。

SEVENTEENのほとんどの楽曲を作詞作曲しているため、プレッシャーがすごくかかりしんどいときもあったそうですが、最近はましになったようですね。

その理由が「メンバーが一緒に徹夜してくれたり気遣ってくれるから」だそうで、なんとも心温まるメンバー愛です!

可愛いウジ

可愛いウジ

ウジは身長が164cmとメンバーの中で一番背が低く、また童顔なのでセブチの中でよく可愛いメンバーとして挙げられます。

服装も短パンが多いので、さらに可愛さが強調されている気がします。

写真を撮るときのふにゃっとしたピースも特徴的です。

しかしながら、ウジは男らしい男性が多い釜山出身者。

愛嬌というものがとても苦手です。

「愛嬌をやって」、「投げキスをして」と言われると本気で照れて嫌がります。

そのため、ウジがする時にはメンバーがからかってはやしたてたりもします。

近頃は少し慣れてきたのか、照れながらも一生懸命愛嬌をしてくれることが増えてきました。

今後もかわいいウジに注目です。

スポンサーリンク



ウジとディノ

ウジとディノ

マンネのディノとマンネより小さいウジ。

この二人の組み合わせは、すごく可愛いとファンからとても人気なようです。

ウジはディノが書いた歌詞には、ダメ出ししかしてくれないそうですが・・。

ディノをどれだけいじめているのかという問いには、「ディノをいじめたことは本当にない」とウジは答えていました。

イベントでのパフォーマンスでは、ディノにウジがおぶさるということもあり、ウジはマンネのディノがかわいくて仕方がないみたいです。

年上に見えないウジがディノをかわいがる、ディノもされるがままという構図を見るのはとてもかわいらしくて癒されます。

ディノについては、SEVENTEENのディノについて詳しく紹介のページを参考にしてみてください。

ウジの出演歴

2012年 NU’EST「Face」MV、HELLOVENUS『Venus』MV

スポンサーリンク



Pocket